爪水虫が疑われたら誰かにうつる前に治療を

水虫もそうですけど爪水虫も同じで人にうつるものです。特に一緒に生活を送っている家族や身近な人たちにうつる可能性は高いです。

水虫や爪水虫の原因は白癬菌というカビの一種ですから、この方達、それはもうバスマットやスリッパなどの程よい湿度と温度が保たれる場所が大好きみたいです。特にバスマットは家族みんなで使うものですから、これは要注意の存在です。

ただし、白癬菌に触ってしまったからといってソッコーうつるってことはないみたいですから、その辺は誤解しないようにしないといけませんね。たとえ白癬菌に触ってしまったとしても洗い流せばオッケーらしいです。

でも、足に傷があるような人は洗い流しても、洗い流す前に住み着いてしまう可能性が高いんだそうです。傷みたいな患部に住み着いて、肌でじわじわと住処を広げていくみたいですから怖すぎます。一度住み着いたらもう治療するまではそこに居座りますから、部屋の中中に白癬菌さん達をばら撒いてしまうんですよね。

それを家族や身近な人が素足で踏みつけてしまったりすると、踏みつけたその足に付着ってことで、最悪そこからうつってしまうんですよね。常に床をきれいに保つとか、常に足をきれいに保つってことが予防になるみたいですけど、万が一疑わしい時には、誰かにうつしてしまう前に迷わず病院へ行くなり、市販薬を使うなりしましょうね。