爪水虫は女性の方が治りにくい

水虫の中でも最も厄介だと言われているのが爪水虫ですが、これ、男性よりも女性の方が治りにくくて、治療に時間を要するんだそうです。男性よりも女性の方が深刻に悩んでしまいそうですし、少しでも早く治したいと願う気持ちは女性の方が強そうなのに皮肉ですよね。

なぜ女性の方が爪水虫が治りにくいかと言うと、男性よりも女性の方が菌が住みやすい環境を作り出していることが多いかららしいです。蒸れて温度と湿度が高い環境を足に日常的に作り出してしまうのは、たとえばストッキングですね。

そして、ストッキング1枚で履いてしまうブーツやパンプス。ペディキュアを治療の間は我慢しなければいけないというファッション的な制限。これだけでも断然、悲しいかな、男性よりも女性の方が爪水虫が治りにくいということに納得できちゃうような気がします。

働く女性にストッキングとパンプスはつきものですから、それをやめるのは普通に考えて無理ってもんです。そういう面もあってなのか、治療には飲み薬を使用することがほとんどなんでしょうかね。でも、女性が爪水虫になったからといって、治らないという訳ではないので、そこは誤解してはいけませんね。

きちんと治療をすれば、日常生活的に治りにくいという面はあっても、ちゃんと完治できますから、治療をハナから放棄してはダメですよ。